オールオンフォー(ALL-ON-4)

オールオンフォー(ALL-ON-4) 、 オールオンシックス(ALL-ON-6)

今までは歯が全くない(無歯顎)の方には総入れ歯にするか、もしくはインプラント治療をするにしても片顎10本以上のインプラントを埋入するしか、選択肢がありませんでした。
All-On-4(オール・オン・フォー)では、もともと片顎14本(上下28本)あった歯の代わりを、たった4~6本(上下8~12本)のインプラントを埋入し、すべての歯を4本もしくは6本でのインプラントで支えることで、インプラント埋入数を低減し、「患者様の肉体的、経済的負担を軽くする」画期的な術式のことです。入れ歯と違い、取り外し式ではないので、突然はずれる、ずれるといった不安もありません。さらに、通常のインプラント治療と比較してもオペ後にすぐ仮歯を入れるので治療当日から噛める、即日に終了するといった特徴があります。

オールオンフォーのメリット

  • オペした 当日から噛むことができる。
  • インプラントの本数が減らすことが出来る。
  • 従来の治療法と比較して、 費用の負担を減らすことが出来る。
  • 治療回数・期間が極端に短い。(即日で終了する)
  • 治療期間が短いため身体的、精神的ストレスの軽減が出来る。
  • 腫れや痛みを軽減出来る。
  • 審美性に優れている。

実際のケース紹介

 ・オールオンフォー CASE01


総入れ歯の患者様ですが、 とにかく下の入れ歯が動いてどうしようもないということでしたので、下顎のみオールオンフォーを施しました。
治療後は動くことなく違和感なく食べ物が食べられるようになりました。

 

 

 ・オールオンフォー CASE02



こちらも総入れ歯の患者様です。 かなりの高齢なため、コンプリートデンチャーを強く勧めるも、あまりの顎提のなさと既往を聞いて、内科の主治医に相談したうえでオールオ ン4に決定しました。
術後疼痛、腫脹もほとんどなく、患者さんは大喜び。咀嚼できる事の喜びを素直に伝えていただきました。

 

 ・オールオンフォー CASE03


 
 
 


極限まで骨が吸収していたのですが、オペ後、しっかりと噛めるようになりました。

 

 ・オールオン6 CASE01

 



長い間、入れ歯を使っていたため、骨が少なくなっていました。上下顎インプラント治療をしました。右上の奥歯は骨が軟らかかったため、サイナスリフトも行いました。今では見栄えよく、しっかり咀嚼でき、非常に満足されています。

 

 ・オールオン6 CASE02

 

 

 



長い間、入れ歯を使っていたため、骨が少なくなっていました。上下顎インプラント治療をしました。右上の奥歯は骨が軟らかかったため、サイナスリフトも行いました。今では見栄えよく、しっかり咀嚼でき、非常に満足されています。