精密根管治療とは

精密根管治療とは、虫歯などで歯の神経が腐ってしまったり、以前受けた治療で神経の取り残しや不完全な状態で蓋をしたことにより、細菌が繁殖して膿んでしまっている状態の歯に対して行う治療です。

当院では顕微鏡を使用した治療により、神経の状態をミクロン単位で確認し、肉眼ではわからないほど細かく曲がったり枝分かれしたりしている根管内の細菌を除去することが可能です。。治療後は根管に薬剤を詰め、そこに被せ物を取り付けたり詰め物を入れることによって、歯の機能を取り戻すことができます。

医療法人社団 HOUGA おじまデンタルクリニックでは、この精密根管治療を保険外治療として提供しております。

当院が行う"根管治療"へのアプローチ

患者様の歯を残す!そのための治療です。

*

私たちは、患者様に、いつまでもご自分の歯で美味しく食べ、噛める、健康な生活をしていただきたいと考えています。
精密根管治療は、歯の基礎、家にたとえるなら土台を修理するのと同じです。その大切な土台を、顕微鏡で見ながら時間をかけて丁寧に行えば、再発を防ぐことができます。
私たちは最先端の治療技術と最新の設備で精密根管治療に取り組んでいます。

当院の精密根管治療の特徴

特徴 1
専門医による確かな診断

様々な症例に対して、精度の高い治療を実施している根管治療の専門医による確かな診断と治療を行います。
精密根管治療には専門的なトレーニングを積んだ術者が十分な治療時間を確保して治療を行います。

*

特徴 2
再治療や難症例にも対応

通常の根管治療で完治しなかった場合や複雑な根管による難易度の高い治療にも対応しております。他院で抜歯と診断された場合などの難症例には、歯根端切除や意図的再植を実施して、抜歯せずに歯を維持する事が可能となります。 *

特徴 3
高度医療を行える設備

精密根管治療には高性能マイクロスコープ、CTスキャン、バイオセラミック、ニッケルチタンファイル等の設備が不可欠であり、高度医療を提供できる条件を満たしております。

*

根管治療における、保険診療と保険外診療(自費)の比較

従来からの歯内療法
30年前から変わらない方法に限られる
世界基準の根管治療
徹底的な感染除去を行う
現在考えられる、最善の方法で行う
視覚
裸眼
30年前から変わらない方法に限られる
ルーペや顕微鏡(マイクロスコープ)を使用
(根管の中を照明がある状態で拡大して視て行う)
消毒
●仮の消毒剤が
術に欧米で禁止されている薬剤もしくは
使わないで行っていることがある
●感染管理が十分に行われていないこともある
●水酸化カルシウムや抗生剤などの
体に害のない薬剤
●感染管理が行われている
ラバーダムや滅菌
削る道具
●見えない感染部分の取り取しが多い
ステンレス製、頻回使用
●感染の取り残しが少ない
元々の形を壊さない
最新の器具
治療中の蓋
●細菌の感染を抑えられない
●治療期間中の感染を防ぐことができる蓋
最後に詰める薬剤、蓋
●30年前から変わらない方法
●現在考えられる理想的な材料、方法で行う。

EX) MTA、バイオセラミックス
初めての治療の成功率
50%以下
80%~90%
再治療の成功率
30%以下
70%~80%

保険外診療(自費)が可能にする世界基準の根管治療

  • ラバーダム
  • 歯科用CT
  • ニッケルチタンファイバー
  • マイクロスコープ
  • 根管洗浄
  • 滅菌・感染予防

お口に関する困っていることや不安なことなど、お気軽にお悩みをご相談下さい。

根管治療

根管治療症例1

ものすごく腫れて痛くてたまりませんでしたが、根管治療により、症状は消えました。

*
before
*
after
根管治療症例2

根の先の病気が大きくて、下の顎の神経まで近くなっていましたが、綺麗に骨も治りました。

*
before
*
after
根管治療症例3

ものすごく腫れて痛くてたまりませんでしたが、根管治療により、症状は消えました。

*
before
*
after
ページの先頭へ戻る