当院のインプラント治療

インプラント治療

これまで歯をほとんど失ってしまった人が選ぶことのできた治療法は、部分入れ歯や総入れ歯などの、いわゆる「入れ歯」が一般的でした。

しかし、入れ歯の場合は主に下記のように、


「違和感が強くて入れていられない」、
「家族と同じメニューが食べられない」、
「会話をするのがおっくうになる」、
「外食が面倒になった」

などの短所があるとされています。

 

このような症状に困っている人にお勧めできるのがインプラント治療です。インプラント治療は歯がなくなってしまった歯ぐきにインプラント(人工歯根)を植え、固定式の人工歯を入れることによって"元の自分の歯と同じように"食べ物を噛めるようにする治療です。

インプラント治療のメリット

  • ブリッジや部分入れ歯のようにまわりの健康な歯を傷つけることなく治療できます。
  • インプラント(人工歯根)がしっかり固定されるので入れ歯のように「ずれ」や「すべり」などの違和感がありません。
  • 噛む機能が回復し食生活が改善、美味しく召し上がれます。
  • 発音・発声がしっかりするので今まで以上に会話が楽しめます。
  • 審美性(見た目)も天然歯と同等に回復できるので元の自然な笑顔がよみがえります。
  • インプラントならば、咬む力をしっかりと骨に伝えてくれますので時間が経っても骨はやせません。

インプラントの素材「チタン」の安全性

インプラントの素材は、チタンで形成されています。40年以上の臨床研究により、チタンという素材が人体に拒絶反応を与えず、時間を経過することで、骨と結合する(オッセオインテグレーション)ことが確認されております。このチタンの特性を利用し、人工的に歯の土台である歯根を造り、人工的な歯を立てることで、丈夫で安定した治療を施すことができるのです。また、インプラント治療で使用するチタンは金属アレルギーの報告が最も少ないので、安心して治療を受けていただくことができます。

当院で扱うインプラントシステム

現在、国内・海外あわせて相当数のインプラントシステムが存在します。日本国内で使用されているインプラントシステムにおいては約 30 社近く存在していると言われています。それらのシステムにも利点や欠点があり一概に1つのシステムが良いとは言えません。その中の後発のインプラントシステムにおいては低コストで安価なものも存在していることも事実です。しかし、インプラント治療は外科処置を伴い、チタン製のインプラント体は体内に入れるわけですから、安かろう悪かろうでは本末転倒です。インプラント治療はをする際は患者様の口腔内の状態を把握し、その上で患者様に最も適したインプラントシステムをチョイスする。その上で患者様の口腔内に適したインプラントシステムの実績や信頼性、安全性が重要になります。

その中で当院が使用しているインプラントシステムは世界的に見ても最も臨床実績があり、信頼性・予知性が高く、世界的に評価の高い3つのインプラントシステムを選び使用しています。 これらの信頼性・予知性の高いインプラントシステムの中から患者様の口腔内に状態を検査し最も合ったものを使用しております。

■世界で使用される信頼性の高い3つインプラントシステムの特徴
各インプラントシステム
施術回数
特徴
ブローネマルクインプラント           
(ノーベルバイオケア社)
主に 2 回法
( 1 回法もあり)
40年以上の臨床実績があり世界的に最も実績があるインプラントシステム。 2 回法であるが、信頼性が高く様々な症例に対応ができる利点がある。
リプレイスセレクト
(ノーベルバイオケア社)
主に 2 回法
( 1 回法もあり)
短めのインプラント体のため、骨の高さ、幅が小さい日本人には向いているインプラントシステムである。
ストーローマンインプラント
(ストローマン社)
主に 1 回法
( 2 回法もあり)
約 30 年の臨床実績があり世界的にも信頼性が高い。 1 回法で行える代表的なインプラントシステム。 1 回法のため治療期間が短い事も特徴。
HAインプラント
(zimmer社)
主に 2 回法
( 1 回法もあり)
HAとは「ハイドロキシアパタイト」の略で、HAは骨の無機質の大部分を占めるものです。インプラントの表面をHAでコーティングすることによって、イン プラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」を促進しようというものです。

 

当院が使用している4つのインプラントシステムのうち1つ目はブローネマルクインプラントシステムです。このシステムは現代のチタン製のインプラントを開発したスウェーデンのブローネマルク教授により作られ 40 年以上の実績のあり、世界で最も信頼性・シェア率が高いインプラントシステムです。

2つ目のリプレイスセレクトは世界で最も信頼性の高いブローネマルクインプラントのノーベルバイオケア社が開発したインプラントです。短いインプラントで顎の小さい日本人に適したインプラントと言われています。また前歯・臼歯部の治療に向いています。

3つ目のストローマンインプラントはストローマン社が行なっているインプラントの研究・科学的な文献による裏付け、生産管理などは世界でもトップクラスで、30年以上に渡る臨床実績があり、ブローネマルクインプラントに次いで世界で2番目の臨床実績とシェア率を誇るインプラントシステムです。1回法がメインであり治療期間が短く短期間の治療を可能にしています。

 

4つ目のHAインプラントはzimmer社の開発した、結晶率97%を誇るHA(ハイドロキシアパタイト)がフィクスチャー全面にコーティング技術が施されたインプラントです。米国では15年以上の臨床実績があり特にカルシティックHAインプラントの治療成功率は99.5パーセントです。骨との間隙があってもバイオインテグレーションすることが分かっているため、ある程度隙間のある削り方や骨の状態が悪い場合でも高い成功率があります。

 

実際のケース紹介

・前歯部インプラント CASE01

前歯が折れて来院されました。折れたまま時間がたっており、骨が少なかったので、GBR(骨造成)を併用してインプラントを行いました。隣の前歯も一緒にセラミックの歯で治療して非常に綺麗になりました。

 

・インプラント CASE02

ほとんど歯がない状態で来院されました。歯周病の治療の後でインプラント治療をしました。ほとんど歯がない場合でもインプラントを入れることによって、残った歯も保存されます。

 

・インプラント CASE03   ボールアバットメントインプラント

大きな入れ歯をお使いの方も、インプラントを必要最少本数入れるだけで、(経済的)動かない、しっかり噛める入れ歯に変わります。