CGF・AFGによる再生療法

私達の血液の中に含まれるフィブリンという成分には重要な役割があります。
怪我をして血管が破れると、その血管の穴を埋めるために血液中の凝固因子が刺激されてフィブリンという物質が形成され、傷口をふさぎ、出血を止め傷の治りを促進します。
ご自分の血液から多くの成長因子をもつフィブリンを取り出すことで、骨や歯周組織の再生や回復を早める治療が可能ですとなりました。なおかつ完全自己血液由来なのでアレルギーや感染のリスクを軽減します。
インプラント治療や歯周外科などの処置に使用することでより早い回復が期待できます。

CGF・AFG

CGF(Concentrated Growth Factors)とは
*
CGFとは、CGFは「完全自己血液由来フィブリンゲル」ともいい、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ自己血液フィブリンを濃縮したゲルです。患者さまご自身から採血した血液に添加物(抗凝固剤や凝固促進剤)を一切加えていない完全自己血液由来のフィブリンゲルですのでとても安全、安心な材料です。ガラス管で遠心分離します。
このCGFには成長因子がとても多く含まれているので、親知らずなどの抜歯した後の傷口に用いれば傷の治りが早くなり、腫れや痛みも少なくなります。インプラント治療の際も同様に傷口が早く治り、骨や歯周組織の再生を促進させるため、治療期間の短縮にもつながります。
AFG(Autorogous Fibrinogen Glue)とは
AFGとは、抗凝固剤や添加物等は一切加えられていない血漿の事で自然な状態に最も近い血漿です。
血漿は毛細血管を介して組織液と循環する事で各細胞に栄養やホルモンを運ぶ働きがあります。
AFGに骨補填材を混ぜることによりゲル状に固まるため、大幅な操作性の向上が可能となりました。
このため、インプラント埋入時の骨造成、歯周外科、GBRなどの外科処置が、格段に効率よく行えるようになりました。

CGFにより骨が再生する仕組み

通常ケガなどをされたとき、かさぶたが傷口を覆い、治りを早くします。これは、血液中に含まれる血しょうの働きによります。血しょうは、各細胞に栄養やホルモンを運ぶほか、刺激が加わることで修復因子を放出します。
この因子によって作られるさまざまな物質のひとつが「フィブリン」。「CGF」は、この「フィブリン」を濃縮したもので、患者さんの血液を採血して作ります。さらに骨の補充剤を加えることで、骨の再生が効果的におこなえます。完全に自己由来の物質ですので、拒絶反応や感染リスクを抑えられます。また、CGFの生成は15分程度で可能ですので、手術をする際にお待たすることはありません。
インプラント治療の際に、顎の骨が薄くて、今までは「インプラント治療に適合しない」、「できない」と言われていた患者さんでも、施術可能になることがあります。あきらめずにまずはご相談ください。

*

CGFの優れている点

今までの再生療法との大きな違いはCGF自体を、膜のように加工することができるということです。糸を通せるぐらい丈夫なので、手術をする際に患部に縫い付けることもできます。
さらに、膜を厚くすることで、患部ににしっかりとした骨の土台を築くことも可能になります。ゲル状の膜ならではの施術が可能になります。
また、骨を癒着する場合の「支え」として使用することも可能です。いままでは、ブタやウシなどから採取したコラーゲンを用いていたため、異種生物由来によるリスクが考えられました。しかし「CGF」なら、その心配はありません。
幅広い使い道があり、治療リスクの少ないことが、「CGF」の優れている点です。ごくわずかなご本人の血液さえあれば誰でも作ることができます。
ページの先頭へ戻る