ホワイトニング

ホワイトニング

歯の黄ばみは、先天性のもの、薬物、損傷によるもの、食生活や加齢の影響など様々な原因で起こります。ホワイトニングには一般的にご自宅で行うホームホワイトニングと歯科医院で行うオフィスホワイトニングの2種類あります。あなたのライフスタイルに合わせてこの2種類の方法で歯を白くすることができます。

ホワイトニングの種類

◇ホームブリーチングとは?
歯科医師の指導のもとで、自ら自宅にて施行する漂白方法です。手軽に行えます。3 日で効果が出始めます。通常毎日行い、2~3週間で完了します。

 

◇オフィスブリーチングとは?
歯科医院にて歯科医師が施行する漂白方法です。その場ですぐに効果が現れますが、あと戻り(漂白前の歯の白さに近づくこと)も早い場合もあります 。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは最先端のビヨンドシステムで行っております

 

ビヨンドシステムはアメリカで開発された、最先端のオフィスホワイトニングです。歯の表面にホワイトニング剤を塗り、光を当てるだけで白い歯になります。

ビヨンドシステムに使用されるホワイトニング剤の主要成分は過酸化水素で、安全なものとして使用されています。また、ビヨンドシステムは、一部のオフィスホワイトニングで使用されているような、 紫外線や高温の刺激の強い光は使用しません 。ホワイトニングの先進国であるアメリカでは、すでに100万人以上の方がこの技術で歯のホワイトニングをしています。十分に実績のあるホワイトニングシステムです。

ホワイトニングQ&A

Q :ホワイトニング後の効果はどのくらい維持しますか?

A :一般的に、2~4年は効果が維持すると言われてます。漂白効果の維持は飲食、喫煙、や歯磨きの仕方によって違いがあります。

 

Q :詰め物や白い色の被せ物も白くなりますか?

A :充填物(じゅうてんぶつ)や前装冠を白くすることはできません。ホワイトニング終了後、新しい色に合せるため、再治療が必要になることがあります。

 

Q :歯や身体に悪い影響や副作用はありますか?

A :適正な使用のもとでは、歯および人体に悪影響はありません。しかし、一時的に冷たいものや熱いものが歯にしみる(知覚過敏)ことやジェルをつけすぎた場合には歯ぐきに炎症を起こす事があります。


実際のケース紹介

・オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングが初めての方でしたが、歯が白くなり、笑顔が更に素敵になりました。